2007年10月28日

ロンドン・パリ旅行1日目(2007年10月17日)(3)

ヒースロー空港からホテルのあるラッセルスクエアまで行くには
二つの方法があります。

1 ブリットレイルのヒースローエクスプレスでパディントン駅まで15分、地下鉄のサークルライン&ピカデリーラインで15分。

2 地下鉄(Underground - Tube)のピカデリーラインで1時間

1はブリットレイルがスタンダード席で£14+£3で乗り換え2回
2は£4で乗り換えなしなので2のTubeで行くことにしました。

tubemap01.png
TubeのMap

IMGP0080.jpg
券売機。日本語表記にも変えられます。

IMGP0094.jpg
初乗り£4

少し前の日本のテレビでも話題になっていましたが、
ロンドンの地下鉄初乗り£4=約1,000円ですふらふら
£1が約250円なのですが、ロンドンは本当に何もかもが高い!
£1を100円くらいで感覚でいないと生活できません。

IMGP0083.jpg
電車の中です。座席は外人仕様で広いが社内は狭い。

Tubeはどこの駅も地下奥深いところを走っていて、
ラッセルスクエアではホームからリフトで改札階に上がります。
入口と出口が後ろと前に決まっていて一方通行なのでとても合理的。
ボタンを押さなくとも一定時間が過ぎると自動でドアが閉まります。

IMGP0087.jpg
ラッセルスクエアの駅です。

IMGP0089.jpg
徒歩2分程で見えてきたRoyal National

IMGP0091.jpg
部屋

さすがに安いだけあって設備は最低限。
1,632室もある大型ホテルなので迷路のように部屋があります。
写真を撮らなかったのが残念たらーっ(汗)
でも大英博物館など観光名所に近いので立地条件は抜群。
19時30分からミュージカルの予約をしてあるため、ピカデリーサーカスへ向かいます。

IMGP0096.jpg
まさに観光名所のピカデリーサーカス

ロンドンの建物はどこもでかく歴史を感じさせます。
趣がありますが、自分が小人になったような閉塞感を感じることも。

マンマ・ミーア!のチケットは事前にネットで予約しておきました。
もともとミュージカルに興味はなかったのですが、ロンドンに来たからには抑えておくべきかと。
席は一番後ろで一人£58です。シアター内のBox Officeでチケットと交換です。

IMGP0100.jpg
Prince of Wales Theatre

IMGP0098.jpg
段差が急な作りです。

内容は、自分の婚約を機に父親探しを始めた娘と、
過去を振り返りたくない母とが織りなすロマンティックコメディーとのこと。
アバの有名な曲がバックに流れます。
この作品は周りの評判も良く、英語が分からなくても楽しめるとのことだったのですが・・・。
日本との8時間の時差、もともとミュージカル自体のめり込めない性分のため
途中の休憩時間で帰ってきちゃいましたわーい(嬉しい顔)
あのまま我慢して見続けるよりピカデリーサーカスを散歩しながら
暖かい夕食をとったほうが何倍も満足度が高いだろうと思ったので
後悔してないです。
そういえば数年前にみたCATSもイマイチだったしなぁ〜。

IMGP0102.jpg

ブリジットジョーンズの日記なんかでも出てくる建物です。
SANYOとTDKの文字がでかでかと。
ロンドンの大きな建物に圧倒され気味だったのでなんとなくうれしいですね。
やっぱり日本人ですから。

相方がお土産物屋で買い物を済ませた後ホテルへ戻ります。
夕食はホテル1階のパブで。パブは日本にもありますが
一応本場の雰囲気を楽しもうということで入ってみました。

IMGP0105.jpg
みんな大人数で騒いで楽しそうです。
みんなおかずも食べずにビールばっかり飲んでました。

IMGP0104.jpg
期待をうらぎらないそのまんまの味です。

しかしどこのパブも夕方から混みこみでした。
注文もままならず、相方は酒が飲めず騒がしい場所も苦手なので、
ビールと定番のフィッシュアンドチップスをかわいく注文しさっさと帰ります。

日付は日本を出た10月17日。本当に長い一日でした。
時差8時間なので日本は明け方。辛くても飛行機に乗っている時から
現地時間に合わせると次の日から普通に寝起きができます。
明日はビックベンやロンドンアイなどロンドン観光の一日です。
posted by チロコ at 16:08| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | ロンドン・パリ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

ロンドン・パリ旅行1日目(2007年10月17日)(2)

早速席にて記念撮影でするんるん

IMGP0040.jpg

機内に入るときはコックピットが見えました。
席は1Dで一番前の席!気分良〜いexclamation
真後ろはトイレだけどバッド(下向き矢印)
スチュワードが現れ早速ウェルカムドリンクを持ってきます。

IMGP0042.jpg
早速シャンパンバー脇に折りたためるトレーがあります。

スチュワードはオットマンに座ってフルフラットにするボタンの
使い方などを教えてくれます。
席にはいろいろなものがあります。

IMGP0046.jpgIMGP0048.jpgIMGP0049.jpg
Shoe Bagには耳栓、アイマスク、靴下、歯磨きセット
他にもミンツ、ペン、リップクリーム、モイスチャークリームが配られます
座席にはエビアンのボトルもおいてありました

離陸をするとすぐにドリンクサービス。

IMGP0051.jpg
英国の航空会社からかアールグレイもおいしい揺れるハート
ブラウニーが添えられているところもうれしいわーい(嬉しい顔)

機内を歩いてみるとアッパークラスの一番後ろにはカウンターが

uc_img3[1].jpg
お酒に食事。デザートやフルーツも出るそうです
慣れた風情の金持ちの社長らしき男性が早速バーテンと話し込んでました。
私達は席でのサービスだけで充分です。

しばらくすると昼食のサービスです。
テーブルクロスを敷いてくれ、
前菜、メイン、軽食などから好きなだけ選べます。

IMGP0057.jpg
前菜はマッシュルームのスープ。白ワインとともに。
高級レストラン並みにおいしいです。
そりゃあ高い席ですからねぇ。

今まで機内食は当然洋食を選んでましたが最近はもっぱら和食。
日本食は繊細なCuisineです。やっぱり日本食が一番。

IMGP0058.jpg
松花堂弁当exclamation豪華ですぴかぴか(新しい)

でも朝しっかり食べ過ぎたせいか、残念ながらほとんど残してしまいました。
もったいないたらーっ(汗)

にもかかわらず、貧乏根性まるだし。赤ワインとチーズをオーダー。

IMGP0063.jpg
チーズは3種類。クラッカーはナプキンに包まれたっぷり。
アルコールのせいか完食です。

IMGP0064.jpg
デザートはフォルダンショコラ。熱々です。ストロベリーソースも
おいしいレストラン

IMGP0065.jpg
ドリンクはメニューにないカフェラテです。
当然のように作ってくれますグッド(上向き矢印)

飲んで食べまくって腹ははちきれそうです。
贅沢に酔いしれました。
たまには許してくださいよ。

席に備え付けの10.4インチのモニターでは何十種類もの映画が見れ、
また他の座席の人とメールの交換ができます。

IMGP0052.jpg


わざわざ後ろの席の相方に「HOW ARE YOU?」とメールを打ってみます。
もう二度と乗れないであろうアッパーですから。
しかし受け取る際に、見ていた映画が中断されてしまうらしく
怒られてしまいましたたらーっ(汗)

アルコールがまわって眠くなってきたので念願のフルフラットに黒ハート
席の後ろに格納してあったシーツ、羽毛布団、枕を取り出しボタンを押します。
座席が前に倒れフルフラットに。

IMGP0069.jpg
ちょっと分かりにくいですね。

いやいや〜。やっぱりフルフラットは最高です。酔っていたせいか気分も高揚。
寝返りもうてるし、完全に足も伸ばせます。羽毛布団は軽くて暖かい。
飛行機の中とは思えません。あぁ、私も毎回ビジネスに乗れるぐらいビックに
なりたい!と強く思いながら眠りに落ちました。熟睡です。

しばらくして目を覚ますともう機内は明るい。
どうやら到着まであと数時間のよう。アフタヌーンティーのサービスが
始まります。そう。ロンドン到着は15時だからアフタヌーンなんですね。
しかしメニューにかいてあった軽食のサービスがなかった。
アフタヌーンティーだけでなく軽食の寿司もオーダーします。

IMGP0074.jpg
多少のパサつきはありますが寿司、うまい!
生クリームを凝縮したクロテッドクリームはスコーンによく合います。

ロンドンまで13時間程。こんなにも短く感じるとはねぇ。
居ろと言われれば何時間でも居られますよ。
名残惜しく感じながらもさよならです。
本当に一生に一度の経験だったのかもと思いつつロンドンに足を踏み入れます。

IMGP0077.jpg
ロンドン=霧のイメージが払拭されました。晴天です。

機内で配られたファストトラックがあったので
入国審査も並ばず進めます。
金持ちばかりが優遇されていいんでしょうかねぇ。

IMGP0075.jpg

贅沢もここでおしまいです。
気持ちを切り替えて激安ホテルへ地下鉄で向かいます。
posted by チロコ at 23:52| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ロンドン・パリ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロンドン・パリ旅行1日目(2007年10月17日)(1)

ヴァージンアトランティック航空で予約したチケットはe-ticketとして
電子メールで送られてきました。
内容を見ると「アップグレード」という言葉が書いていない。
念のため出発前日に電話をしてみると、問題はなく、
空きがあればアッパークラス・スイートに!アップグレードされるとのこと黒ハート
ちなみにヴァージンの座席には3つのクラスがあります。

アッパークラス・スイート
プレミアムエコノミー
エコノミー

私は、エコノミーとサービスは同じだが座席が広いという
プレミアムエコノミーにアップグレードされるものだと思っていたのですが、
なんとアッパークラスにアップグレードされるとは!!!
ヴァージンにはファーストクラスがなく、アッパークラスはいわゆるビジネスなのですが、
ヴァージンでは最高のクラス。


フルフラットexclamation

ucs_136x150_tcm11-515830[1].jpg

仕切りがあって個室同様exclamation×2

upper class seat 2 in virgin UK.jpg

料金はネットで見ると 54万7千円exclamation&questionexclamation&questionexclamation&question

パーティーで当選でもしなければ(これも本来ありえねぇ〜!)
私達庶民にはまったく縁のないクラス。
こんなクラスに乗れる可能性があるとは!
そう。あくまで空きがあればなんです。

ということで当日は11時発の便ですが、カウンターのオープンする
8時30分に確実に間に合うよう8時に空港到着。
予約したときに相談したオペレーターによると、
早く到着したほうがよりアップグレードされる可能性が高いとのこと。

空港に到着し、勇んでヴァージンのゾーンに到着すると
エコノミーの入り口には既に10人ばかりの人山があせあせ(飛び散る汗)
みんながアップグレードの可能性がある人たちに見えてきます。

やっとカウンターに呼ばれ、グランドホステスの様子を見ながら
「アップグレードできますか?」と震えながら聞いてみる。
しかし、「今日は混んでますからねぇ〜」ときた!
かなり落胆しながら次の言葉を期待していると、
「プレミアムエコノミーなら大丈夫です。アッパーは最終調整を
待ってください。」とのことふらふら
すかさず、「搭乗口に早めに行けばそれだけ可能性は高いのですか?」と聞くと
「関係ありません。」だって。どういうこと??

とにかく座席の広いプレミアムを確保できたので、満足しよう
と自分に言い聞かせレストランへ。
相方には、「水曜だし私の予想だとアッパーに空きあると思う。」
と自分に言い聞かせるように言う。

まぁ座席はさておき、今回の旅行の楽しみでもあった、
成田空港免税店でのお買い物へレッツゴーるんるん
相方とは別れ一人で買い物に勤しむ。
お目当てのブランドがないので反対側の搭乗口まで行って買い物を
していると電話が。携帯を見ると相方から何度も電話があった様子。
お店で商品の受け渡しをしていたらやっとつながったので、
「ごめん、5分後には着くから。」と言ってすぐ切る。

走って搭乗口に到着。相方と一緒にカウンターで
「アップグレードできますか?」と聞くと別の搭乗券を渡されたexclamation
まさかと思い見てみるとアッパークラスと書いてあるexclamation&question
相方が平然としているので聞いてみると、かなり前にアナウンスがあり、
相方がカウンターに行くとアッパークラスへアップグレードが可能に
なった事を告げられていたらしい。
でも搭乗券は私が持っていたので、現在の搭乗券を引き換えにと言われたとのこと。
私は買い物に夢中で気づかなかったのね。

いよいよ夢のアッパークラス・スイート!です。

IMGP0038.jpg
posted by チロコ at 21:42| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ロンドン・パリ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ロンドン・パリ旅行 計画

昨年会社のパーティーで当選したヴァージンアトランティック航空ロンドン往復ペアチケット揺れるハート

を使って2007年10月17日から10月23日まで旅行してきました。
 

仕事の都合で旅行を決めたのは9月末。
空きがあればアップグレード可能(!)なチケットだったので
予約の際にはアップグレードの可能性の高い日程をオペレーターの人に相談。
なので水曜出発&火曜到着のなんとももったいない旅行日程です。
なによりアップグレードされるか否かが大事ですから。

日程を決めたらホテル&ユーロスターの予約です。

無料なのはエアチケットだけなのでホテルは自分で予約しないといけないんですよねぇ。
ツアーの方が結局安いんじゃないか?と思いつつ
土地勘もないロンドン&パリのホテルを予約します。

ネットで旅行記を書かれている方の意見を参考にしつつ最安ホテルのページを比較検討・・・
でも結局疲れ果てHISで予約。
HIS便利です。その場で空室あるか分かるし、
他のサイトと比べても決めたホテルは一番安かった!
しかもホテル自身のページでは空室なかったのに空いてたり・・・
馬鹿にできないです。

決めたのが

Royal National ロンドン2泊
Hotel Alane パリ1泊
Tavistock Hotel ロンドン2泊

ポンド&ユーロ高の現在、ロンドンのホテルは一泊4,5万以上!
上記ロンドンのホテルはツーリストクラス、つまり激安ツアーで使われる
とりあえず泊まるだけのようなホテルです。
どうせホテルにはほとんどいないしね。


そしてユーロスター。
ヨーロッパには行ったことがなかったので、ロンドンに行くなら
ユーロスターでパリもと決めていました。
ユーロスターはロンドン・パリ間やロンドン・ブリュッセル間を結ぶ
最高時速300kmで走る高速国際鉄道です。
ロンドン・パリ間は約3時間。ネットで予約をしようにも、
出発まで3週間弱だったので行きの希望の時間帯の空きがないふらふら
結局決めたのが

行き ロンドン(ウォータールー駅)5時34分発 ‐ パリ(北駅)9時23分着の始発
帰り パリ(北駅)17時10分 ‐ ロンドン(ウォータールー駅)18時56分着
(時差1時間あり)


行きのclassはStandardで食事なし。翌日の帰りはLeasure Selectで
食事つきの席にしました。噂によるとユーロスターの食事は激ウマとのこと。
しかもシャンパン含むアルコール飲み放題バー
帰りはディナーの時間に合わせて完璧です。


ガイドブックを買って旅行の計画を練りますが観光名所を急いで
周るだけになりそう。
もともとロンドンには興味がなかったのですが、調べているとコッツウォルズなんて魅力的。
でも今回はとにかくアップグレードされることが目的ですから・・・。

posted by チロコ at 17:47| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | ロンドン・パリ旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。