2008年07月01日

ランカウイ3日目(2008年6月23日)

明日は出発なので1日ゆっくりできるのは今日が最後もうやだ〜(悲しい顔)
朝は相変わらず8時半には目が覚め、朝食ビュッフェへゴー!

DSC00247.jpg
毎日新しいメニューがあるのがうれしい!
今日はフレンチトースト☆マーマレード風味です。やっぱりこってます。

DSC00248.jpg
そしてフルーツとおかゆ

腹一杯食べようと決めていたのになかなか入らず。
朝食後はもう一つのプールであるファミリープールを覗いてみます。
ここは小さなプールが何個か組み合わさっっていて、
それぞれプライベート感覚で楽しめるようになっています。

DSC00250.jpg
手前のココナッツの実がいい感じ♪

DSC00251.jpg
ジャグジー付きのプールもありました。

このファミリープールより断然クワイエットプールの方が満足度が高いです。
クワイエットプールのようにプライベート感覚で楽しめるゴージャスなプールは
他にはないもんね。

DSC00259.jpg
クワイエットプールの中央から。

昨日撮影に励んだので、今日はひたすら泳ぎ、読書に励みます。
海を眺めながらのんびり横になって読書とはなんて素敵なんでしょう!

最近経済評論家である勝間和代氏の本を読んでからは
自己啓発本ばかり買うようになってしまいました。
今までリゾートでは軽いノンフィクションものを読んでいたのですが、
今回持ってきた本も勝間さんオススメ本コーナーで見つけた本のみ。そして半分が自己啓発関連ふらふら
せっかくのリゾートではやっぱり読んでいて楽しい本がベスト!
なので、例外本である疋田智氏の「自転車生活の愉しみ」読みふけります。

この本の中では自転車通勤をオススメしてました。
でも私には自転車通勤はちと難しい。
会社まで川を2本も越えないといけないし、最短道路は幹線道路でけっこう危険。
体も弱いほうだから、汗かいてそのままクーラーのきいたオフィスで仕事だと即風邪ひくだろうし。
ロングヘアもメットのあとがついちゃうとねぇ。

などと考えながら本を読んでると、もうランチタイム。
今日はファミリープールの近くのKafe Kelapaに行きます。

DSC00268.jpg
眺めはとても良いんだけど今日は風が強い!

DSC00274.jpg
相方はロブスターのラップ

DSC00275.jpg
私はフィッシュカレーをオーダー

カレーはと〜っても美味!ダイエット中でカレーはなるべく避けてきたのでおいしさもひとしお。
ビールに合います。
あぁ、リゾートって本当になんて素敵なのでしょう。
昼間からアルコールはとても贅沢に感じられます。
目の前は白砂に海だしね♪

空腹を満たすとクワイエットプールに戻って、ピニャコラーダをオーダー。

DSC00276.jpg

好きなだけ飲んでだるくなった体を横たえるという喜びを味わいます。

風がちょっと強めだったけど至福の時でした黒ハート

15時半ぐらいまで昼寝を楽しんでから部屋に戻ります。
そしてタンジュンルーリゾートのスパへGo!
フロントでタクシーを呼んでもらおうと思ったら、車で送ってくれるとのこと!
さすがのサービスです。
近くとは言っても車で5分くらい。自転車でも短くはない距離です。

タンジュンルーリゾートのビーチはフォーシーズンズよりいい!と聞いていましたが、

DSC00279.jpg
どうでしょう?

フォーシーズンズはまっすぐなビーチですがこちらは小島が多くてカーブがかかっています。

結論。私はフォーシーズンズの方が好きです!

ここではウルットというマレーシアの伝統的なマッサージをやっていただきました。
50分でRM 250 でした。

DSC00281.jpg
部屋はこじんまり。

ウルットは日本の指圧に似てました。力強くて気持ち良かったです。

そして今日の夜は現地ツアーガイドさんが教えてくれた
サンヴィレッジ・シーフードという店でディナーです。
ロブスターディナーが二人でRM 150 でした。

DSC00301.jpg
ロブスターのガーリックバター炒めにナシゴレン

ロブスターはプリプリしていて震えるうまさ。
ガーリックバターなんてダイエットには厳禁!でしたから。

DSC00303.jpg
海老のガーリックバター炒め

これまたガーリックバター。うまい!臭いも気にせずガツガツいきます。
ビールとの相性も抜群。

DSC00305.jpg
野菜炒め

醤油味。なかなかどうして。ここで少し口の中に変化をもたせます。

ika.jpg
イカのガーリックバター炒め

ガーリックバターが続きますがとろけるうまさなので好都合。

DSC00309.jpg
スズキの塩焼き

魚は調理が面倒なんてほどんど家では食べてません。
でも白身魚の塩味うまい!

DSC00311.jpg
チキンのサテ。ピーナッツソース。

そろそろお腹も限界に。

DSC00319.jpg
締めは南国フルーツ♪

これでRM 150は安いぞ!とにかく盛り沢山で大満足でした!
ホテルの洒落た器に盛られた食事も良いけれど、外のレストランも最高!!!
大好きランカウイ黒ハート

帰りは途中スーパーに寄ってもらいお土産を買ってから帰途に着きました。

島の反対側にあるレストランだったので片道約30分。
時間はかかりましたがナイスなチョイスでした。
ガイドさんありがとう!また行きたい!
posted by チロコ at 23:27| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ランカウイ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ランカウイ2日目C(2008年6月22日)

15時半にはランカウイ倶楽部のカヤックdeジャングルの迎えがきました。

他にもカヤックのツアーは何社かあるようですが、
ネットでサーチしたところ皆様満足されいる様子であったため、
また、日焼け対策になるラッシュガードを貸してくれることもポイント高かったです♪
あと少人数制ってのも良かったです。詳しくお話聞けるしね。

ホームページを見ていてもランカウイの自然に対する熱意が伝わってくるし、
実際にガイドをしてくださった方も、博識で明るく魅力的な方でした。

ホテルから約15分船着場へ送ってくれます。

そこから木製ボートで水上ハウスまでまた15分くらい。
そこでウエットスーツにラッシュガードを着ます。
しばしカヤック講習を受けたのち出発。

IMGP0925.jpg
こんなところを進んでいきます。

周りは静かで鳥達のさえずりが響きます。
本当はカヤックでグイグイ進みたくてたまらないんだけど
ゆっくりゆっくり周りの景色を見、音を聞き漕いで行きます。
ガイドさんは鳥が声が聞こえる度に、その鳥の種類や生態などについて説明してくれました。
1度野生のサルを見かけた時に指をさしたら、サルも指をさしてきて超かわいかった〜!本当です。
でもサルはそれっきり見かけなかったのが残念。もっともっと野生の生き物を目にしたかったなぁ。

ピックアップが15時半で、終わるのが22時位って聞いていたので、もっと短いツアーだと良いのにと
思っていたんだけど、あっという間でした。
カヤックで潮の流れにそってゆっくりと進んだ後は、コウモリの洞窟に行きます。
暗い洞窟の中を這いつくばって進んでいた時には、一瞬最悪の事態も想定してしまいましたが、
お母さんにぶら下がっている赤ちゃんコウモリかわいかった。

IMGP0943.jpg
洞窟探検後引き返します。

時間はもう19時過ぎだったかな。
まだ全然明るくて、やっぱり南の島は日が長いですね。

カヤックに乗ったままティーブレイクです。
マレーシアのお菓子(カレー味のサツマイモのお菓子)をいただきます。
ただ揚げ菓子だったんで、口に入れるまでは微妙にカロリーが気になりました。
揚げ物は極力避けてたんで。。。しかも2個もくれたんで。。。
でもと〜ってもおいしかった!やっぱり冒険の後の菓子はうまい!

その後はボートに乗り換えて場所を移動し、皆で水の中に飛び込みます。ライフジャケット付きですが。
マングローブの森のど真ん中でプカプカ浮かぶなんて、ツアーにでも参加しないとありえないです。
自然との一体感、微妙な恐怖感(ボートを運転してくれた地元のボーイがボートごとどっか行っちゃったんだよね)を感じました。

暗くなってきたので水上ハウスに戻って地元のお母さん達が作ってくれたご飯をいただきます。

IMGP0948.jpg
家庭の味おいしかった〜。

IMGP0950.jpg
アジです。焼きたてて塩辛くうまいこと。

ツアー参加者4名とガイドさんの5人で食卓を囲みますが、酒飲みは私だけ。
冒険の疲れもあって酔いが周るのも早く、ろれつがまわらなくなりかけたので2本でやめました。
ガイドさんになったきっかけを聞いたり他の参加者の人たちとお話できたのも楽しかった。
異国の地でガイドさんをやるには、どんなに自然に興味があっても大変なんだろうなぁ。
でもいろんな人に出会える楽しさ、未知の世界を案内するやりがいも大きいんだろうなぁ。
などとリゾートにいながらにして、自分の職業選択は正しかったのだろうか?
などと酔いがまわった頭で真面目なことを考えてみたり。

ちなみに私達の食事中、地元のお母さん達は漁を行っていました。

IMGP0953.jpg

IMGP0951.jpg

イカが大漁!ランタンを照らし、イカを呼び寄せ網ですくうだけ。
いとも簡単にイカをゲットしてました。栄養分豊かな水なんですって。
早速焼いたイカを一匹ずついただきましたがプリプリしておいしかった。

IMGP0954.jpg
水上ハウスはこんな感じです。

食事も終わり船着場に戻る途中星空を眺めます。
そして水の中にはもう一つの光る星が!夜光虫でした。
テレビで見たことはあるものの水をすくうとピンク色に光ります。
真っ暗なマングローブの森の中で光る夜光虫は幻想的でした。
7時間あまりのツアーは本当にあっという間で、いろいろな体験をさせてくれました。

ガイドさんありがとう!

ホテルに戻るとグッタリ。さっさと寝ました。






posted by チロコ at 00:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ランカウイ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

ランカウイ2日目B(2008年6月22日)

部屋に戻ったらまず部屋の中の撮影でするんるん



今回デジカメをCyber-shot W170に買い換えて初めてムービーを使ってみたのですが、
やっぱりムービーはいいexclamation
部屋の雰囲気を写真よりずっと伝えられます!

もちろんムービーならビデオカメラを買えばいいのですが、
今現在そこまで必要じゃないし。

ついでに2日目の朝に撮った屋外バスのムービーもどうぞexclamation



すごいでしょ〜ぴかぴか(新しい)
1日目の夜はフラワーバスにしてシャンパンを楽しみました。
このホテルにひかれた一番の理由がこの屋外バスなんです。
まさに別世界。ドラマのようなバスタイムです。
とにかく広くて気分はお姫様ぴかぴか(新しい)ジャグジーもついてて夢のようでした。

ちなみにホテルで貸してくれたのは↓のMTBです。

IMGP0963.jpg
サドルがイマイチ体に合わず気持ち良く走れなかったのが残念〜。

でもチェックインの時に一言言ったらすぐに用意しておいてくれて
さすがのサービスです。
ちなみにここには日本人のスタッフが二人いていろいろとお世話をしてくれました。
やっぱり日本語だと思い通りに要望を伝えられて助かります。
posted by チロコ at 23:31| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ランカウイ旅行記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。